%blog_name

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

やっぱり悲報の里

今月半ばに四大陸があるので、最初っから全力かっとばして里を周回しています。おかげで肩と背中にお好み焼き屋からかっぱらった鉄板仕込んだみたいにばっきばきになっていて、寝返りうつのしんどい。自業自得だから仕方ないんだけども(´・ω・`)
手首や肘を痛めてる人もいるっぽいし、ホント審神者の体調的な意味で悲報の里だと思います。


今回追加された四振り分は、長谷部が志方あきこさんで、宗三・兼さん・安定のがElementsGardenの母里治樹さんの作曲だそうで。私は前回の残りの楽器と今回落ちた琴を合わせて、早速長谷部の曲と交換してきました。初期刀勢の曲もまだ全部交換出来てないんですけど、それだけ長谷部の曲が好みストレートだったってことでひとつ。
その後は安定のも交換して、現在四曲。残りの曲は楽器が溜まり次第交換していくか、先に集めて後でまとめて交換するか悩み中。
ていうか兼さんで楽器の数がアレなら、大太刀や薙刀きたらどうなるんだろう。想像するとだいぶ怖いw

あと、肩と背中をばきばきにした甲斐あって、無事に小烏丸をげっとです。

やー、あとは手紙まで突っ走るだけです。といっても、気力がそこまで持つかどうかが問題ですけどもw
でもやっぱり手紙欲しいので、無理しない程度に頑張って玉集めようと思います。
そんな我が本丸の第一部隊が里に出陣して焙烙玉の札引くと、三日月の刀装が必ず一枚は吹っ飛ぶ。三日月を隊長にして出陣すると、必ず落とし穴の札を引く。そして毒矢は五虎退と厚に八割刺さる。
これがどこまで続くのか、ちょっと楽しみになってきていたりしますw



今日の特付きさん。

眠さで頭かっくんしつつ、なんとか特だけは付けました。
これで後はのんびり周回出来るといいなー。

| 刀剣乱舞 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>